疲れ目

アントシアニンとは?特徴や効果を知って目の疲れを解消!

アントシアニン 効果

「最近目がよく疲れる」とか「目が見えにくい」と感じている人も多いのではないでしょうか?

 

現代人の多くが悩む目の疲れなどの改善に効果があるのがアントシアニンです。

アントシアニンを知ろう!

アントシアニン

アントシアニンはポリフェノールの一種です。

 

ポリフェノールと言われても、どんなものなのかと疑問を感じますが、野菜や果物などに含まれる色素や苦み成分のことです。

 

色素本体はアントシアニジンと呼ばれ、糖と結合して配糖体となったモノがアントシアニンと呼ばれています。

 

アントシアニンは、ブルーベリーや赤じそ、ブドウやナス、さつまいもの皮などに含まれます。

 

これらの野菜や果物の共通点は、紫色の色素が含まれていることです。

 

アントシアニンを食材から摂取したいと考えている人は、紫色の野菜や果物を積極的に摂取すると良いでしょう。

アントシアニンの効果をご紹介

アントシアニン 効果

アントシアニンには、目の網膜にある色素のロドプシンの合成を助ける効果があるとされます。

 

目で見えているモノを認識するためには、このロドプシンが必要なのですが、長時間酷使すると再合成が追いつかなくなって、眼精疲労、視力の低下を招くことになります。

 

 

アントシアニンを摂取するとロドプシンの再合成が促進されて、眼精疲労や視力の改善、血流の改善効果が期待できるとされています。

 

現代の仕事では、パソコン作業は欠かせない人も多いですし、仕事でパソコンを使わなくても、毎日スマホで目を酷使している人は多いです。

 

最近ではスマホ老眼と呼ばれる言葉も登場し、20代の人や、なんと10代の若い人でも老眼と同じ症状で悩む方も多くいます。

 

スマホ老眼になってしまうと目のトラブルに留まらず、肩こりや頭痛など目以外の体のさまざまな部分に不調が現れてしまうこともあります。

そんな人も、アントシアニンを摂取することで、スマホ老眼の予防や改善に役立てることができるでしょう。

適切な量でアントシアニンを摂取しよう!

アントシアニン 摂取量

アントシアニンは野菜や果物によって摂取することもできますし、サプリメントとして摂取できる成分なので、サプリで摂取を考えている人もいるでしょう。

 

日本ではポリフェノールの摂取量の目安は明確に決められていないようですが、1日に200~500mgを毎日数回に別けて摂取するのが良いとされています。

 

ポリフェノールの効果を得るためには、短期間に大量に摂取するよりも、適切な量を継続的に摂取する方がより効果が実感できると考えられます。

 

普段の食事によって摂り過ぎの心配はないでしょうが、サプリメントで摂取するときには、一度に大量に摂取するのではなく、決められた量を継続的に摂取することが大切です。

 

適切な量を数回に分けて摂ることで、安全で確かなアントシアニンの効果が実感できるでしょう。

アントシアニンが不足するとどのような症状が起こるの?

アントシアニン 不足

アントシアニンは、紫色の色素が含まれる野菜や果物で摂取できるのですが、日頃からあまり野菜や果物を食べていない人は、不足するとどのような症状が現れるのかと気になる人もいるでしょう。

 

アントシアニンが不足すると以下の症状が現れることがあります。

  • 視力低下
  • 抵抗力の低下
  • アレルギーが発症しやすくなる
  • 生活習慣病になりやすい

これらの症状が現れると、当然日常生活にも支障をきたしてしまいます。

 

毎日、楽しく快適で健康的な生活を送るためにも、日頃からアントシアニンの摂取を心がけるようにしましょう。

アントシアニンは即効性も期待できる!

アントシアニン 即効性

アントシアニンを摂取すると目の疲れや視力改善に高い効果が期待できるとされています。

 

継続的に摂取することで、改善効果だけでなく、眼精疲労や視力低下の予防にもなるのですが、このアントシアニンの効果は即効性も期待できるとされています。

 

アントシアニンを摂取して4時間程度で、回復効果が現れます。

 

ただしその効果は、24時間程度で消えるとされているので、効果を持続させるためにも継続的な摂取は必要です。

 

眼精疲労が悩みの人は、仕事中に目の疲れで集中力が低下する人もいるのではないでしょうか。

仕事でパソコンなどをよく使う人も、疲れを感じる前にアントシアニンを摂取することで、目の疲れも感じにくくなって、仕事に集中することもできるようになるでしょう。

アントシアニンの特徴まとめ

アントシアニン

アントシアニンには

  • ポリフェノールの一種
  • ブルーベリーやぶどうなどの紫色の色素成分
  • 眼精疲労や視力の改善効果がある
  • 1日に200~500mgを複数回に別けて摂取する
  • 不足すると視力低下だけでなく、抵抗力の低下や生活習慣病を招く
  • 即効性も期待できる成分

などの特徴がありました。

 

現代の生活ではパソコンやスマホなどの発達により、眼を酷使する環境が多いことが原因で、目を疲れさせてしまう人が多くなっているのではないでしょうか。

 

普段目を酷使してしまっている人も、即効性も期待できるアントシアニンを日頃から活用することで、快適な生活が送れるようになるでしょう。