効果のある黒い目のクマの取り方!飽き性なあなたでもできるたった一つのこと

黒クマ2

3種類ある目のクマの中でも非常に対処がしづらいとされる黒クマ。

 

対処しづらいために悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

この記事で誰でもできる黒い目のクマの取り方の解説をいたします。

黒クマの原因とは

黒クマ1

出典〈

黒クマの原因はご存知でしょうか?

目のクマにも原因が3種類あり、原因によってクマの色が違う為、それぞれ青クマ、茶クマ、黒クマと呼ばれています。

 

青クマは血行が悪いがために毛細血管が浮き上がってしまってできたクマ、

茶クマは色素が沈着してしまったためにできたクマです。

 

では、黒クマの原因は何かというと、血行不良でも色素沈着でもなく、目の下にたるみが出来てしまったためにできるクマです。

目の下のたるみが影を作ってしまい、その影が黒クマの正体というわけです。

 

また、なぜ目の下にたるみが出来てしまうかですが、要因は主に2つあり、

一つはコラーゲン不足となって皮膚にハリがなくなること。

もう一つは眼球をを支えている靱帯にゆるみが生じてしまうことです。

これらはどちらも加齢性の要因なので、年を重ねるごとにクマに悩む方が増えていく傾向にあります。

 

そしてこれらが原因で、眼球が下に沈み、眼窩にある脂肪が眼球に押し出される形で前方で飛び出し、

その結果たるみとして現れてしまうというわけです。

 

つまり、このたるみを解消することができれば、黒クマの根本的な解決ができるというわけです。

 

 

 

簡単にできる黒クマチェック方法

チェックシート

出典〈dreamtimes

 

そもそもあなたが黒クマであるのかどうかのチェックをする必要があります。

というのも、青クマや茶クマとはまた対処方法も違う為、自分が黒クマであることをしっかり確認してから黒クマ対策に臨みましょう。

 

そうしなければ、効果の出ない対策を延々と続けてしまうことにもなりかねません。

なので、まずは自分が黒クマなのかどうかをしっかり確認しましょう。

 

そして気になる黒クマチェック方法ですが、一番簡単なのは光を当てることです。

黒クマはあくまでもたるみによる影がクマを作っているので、光を当ててみてクマが消えればそれは黒クマであると言えます。

 

具体的には、明るい部屋で鏡をもって上を向いてみる、たったこれだけです。

これでクマが消えれば黒クマ、消えなければ他に原因があります。

 

ということで、黒クマかどうかはほんの数秒あれば確認できてしまいます。

気になった方は今すぐ自分で確かめることができます。

 

 

クマで悩んでいるけど黒クマではなかった、という方は青クマか茶クマとなります。

青クマや茶クマについてはアイクリームで対応するのもありです。

こちらを試してみるのも手ですね。



黒クマにはヒアルロン酸注入が効く・・・けど

ヒアルロン酸

出典〈ライフミール

 

一般的に、黒クマにはヒアルロン酸注入が有効だと言われています。

というのは、ほとんどの方はご存知だと思いますが、ヒアルロン酸はたるみを改善できる美容成分であるためです。

実際に数多くの病院でクマの治療に用いられているほど実績のある方法です。

 

ではヒアルロン酸がどのように効果を発揮するのかというと、

ヒアルロン酸はそもそもネバネバしている「ムコ多糖類」と呼ばれるものの一つです。

 

ヒアルロン酸が水に溶けると、このネバネバしている性質から水にとろみがついて、

結果、保水性を獲得します。

 

この保水性は非常に強く、ヒアルロン酸1gでなんと6Lの水分を保持することができてしまうのです。

また、刺激や副作用もほとんどないので、化粧品に活用されるに留まらず、

皮膚の下に直接注入することでも効果を発揮し、皮膚の下で水分を保持してくれるということです。

 

ここまでで、ヒアルロン酸は非常に有用な代物だということがわかっていただけたかと思います。

 

しかし、欠点もあります。

というもの、ヒアルロン酸を注入しても徐々に体内に吸収されていき、最終的には元通りになってしまう為です。

つまり、ヒアルロン酸注入の効果は永続的ではなく一時的なものです。

 

流石に数日で効果がなくなるわけではありませんが、それでも半年~1年もすれば、効果が薄れてきて、

2年もたつ頃には元通りになってしまいます。

 

ヒアルロン酸注入は確かに有効ですが、一回5~6万円かかるなどの金銭的な問題もありますし、

内出血や目が左右非対称になってしまうなどの施術リスクも考えるとなかなか手が出しにくいのが現状のようです。

 

黒クマを自分で解決する方法

指導

出典〈コレでダメなら諦めて下さい。英語英会話リスニング上達のコツ!

ヒアルロン酸を注入するのはちょっと怖い。でもクマはどうにか治したい。

 

そんな人もいますよね。

ですので、自分でできる黒クマの解消法をまとめていきます。

え?そんな方法あるの?なんて思うかもしれませんが、継続することでしっかり効果が出る方法となっておりますので、

本気でお悩み方はトライしてみてください。

 

クマを解決するためにやらなければいけないことを簡単にまとめると、

  • 筋力アップ
  • 皮膚のたるみ改善

 

この2点に尽きます。

皮膚のたるみ改善はヒアルロン酸注入などで可能ですが、

眼球運動、つまりアイケアトレーニングは自分でやっていくしかありません。

 

眼球運動をすることで、目の周りの眼輪筋という筋肉を鍛え、眼窩に沈んでいた眼球を引っ張り上げ、

目の下のふくらみを元に戻すよう働きかけることができます。

 

では、この筋肉を鍛える方法です。

  • 開いて閉じる
  • グルグル回す
  • 色々な方向を向いて瞬きする

 

・開いて閉じる

目をギューーーッと瞑り、5秒間そのままキープ。

その後目を大きく見開いて、今度はそのまま5秒間キープ。

これを5回繰り返し行うだけです。

眼輪筋全体が鍛えられます。

 

・グルグル回す

正面を向いたまま、眼球だけを八の字を描くように回してください。

1週10秒ほどかけてゆっくり行い、これを5周します。

同じように反対周りも5周行います。

 

・いろいろな方向を向いて瞬きする

眼球だけ右を向いた状態にして、そのまま瞬き。

次は眼球だけ左を向いたままの状態で瞬き。

同様に上、下4方向を向いた状態で瞬きを行います。

 

いかがでしょうか?簡単にトレーニングをすることができると思いませんか?

これらの簡単なトレーニングを毎日続けることが重要で、効果が出てくる目安は3か月だと思って気長にトライすることが大切です。

 

あくまでも筋肉トレーニングですので、毎日欠かさずに行ってください。

ジムに通ったからと言って1日や2日で筋肉がつかないように、これらのトレーニングでも即日効果が出るわけではありません。

 

更にもう一つ注意事項です。

 

これらのトレーニングは高負荷をかければいいというものではありません。

高負荷をかけすぎると逆効果になることもありますので、毎日簡単なトレーニングを継続して続けるよう心がけましょう。

 

黒いクマの根本的な解決に向けて

解決

出典〈アイコス屋さん

黒クマを解決するには長期間にわたってアイケアトレーニングをする必要があります。

また、黒クマを解決しても青クマや茶クマになったら意味がないですし、

そもそも黒クマでありながら茶クマや青クマでもあるという複合的な原因の場合もあります。

ですので、栄養にも睡眠にも気を遣い、肌のケアも継続的に行っていく必要があります。

 

 

まず初めに気を付けるべきことはクマにならないように予防するということです。

その為にも普段から目の健康に気を遣い、しっかり栄養や睡眠をとり、アイケアトレーニングを心がけましょう。

そうすることで目の健康や見た目の美しさだけでなく、体の中からキレイになることができるはずです。

 

 

作成者: meiko-book