茶クマ原因

茶クマの原因まとめ!色素沈着の起こる理由とは!?

色素沈着

目の下に茶クマができてしまうと大変ですよね・・・

大変目立ちますし、疲れているように見えてます。

茶クマを改善するために、まずは原因を探りましょう。

茶クマの主な原因は3つ!

クマ

色素沈着が起きてしまうことで茶色になってしまう茶クマ。

茶クマの原因には主に3つあります。

  • 肌への摩擦
  • 紫外線
  • デリケート肌

 

それぞれ解説いたします。

肌への摩擦

目をこする

茶クマの原因の1つは、目の下に対する摩擦です。

摩擦で肌に刺激を与えるとメラニンという黒い色素が作り出され、黒い色がついてしまいます。

ですので、普段メイクをする時はあまり刺激を与えない方が良いです!

 

刺激を与え続けることで、元々健康的な肌色だったにもかかわらず、だんだん黒ずんでしまうのです。

脇の下などが黒っぽくなってしまい、困っている方もいるのではないでしょうか?

それも刺激が原因の黒ずみです。

人によっては肌に対する刺激が強めな肌着を着用しています。

肌着が肌に刺激を与え続けてしまうと、メラニンを生成してしまい、黒っぽく変化してしまうのです。

 

ムダ毛処理も同様です。

ムダ毛を処理する時には、大抵カミソリを使っていますが、やはり刺激が強めです。

つまり刺激を減らしてあげると、肌の黒ずみも解消される訳です。

現に脱毛の施術を受けた後などは、黒ずみが解消されるケースも多々あります。

施術を受けると自己処理が不要になるので、カミソリによる刺激がなくなるからです。

その「刺激」が悪影響を及ぼしてしまうのは、目の下も同様です。

普段メイクをする時には、あまり刺激を与えない方が良いのです。

紫外線も茶クマの原因の1つ

 

ある意味刺激と同じですが、紫外線も軽視できません。

心当たりがあるなら、なるべく紫外線を避けるよう工夫する必要があります。

紫外線を浴びることでメラニンが生成されて、茶色い色がついてしまいます。

 

たとえば、春先になると肌の色合いが変化してしまうケースも多いです。

春先は日差しが若干強くなりますから、紫外線の量を増えてしまうのです。

そのため、肌もくすみやすくなります。

目の下の皮膚も、紫外線による影響を受けやすいです。

 

そもそも顔の皮膚は、とてもデリケートです。

体の他のパーツの肌と比べると、刺激には比較的弱い傾向があります。

ですから目の下の茶クマを防ぎたいなら、紫外線を避けましょう。

デリケートな肌は茶クマができやすい

また肌がデリケートであるかどうかも、茶クマに関わってきます。

デリケート肌の方々は、少々注意を要するでしょう。

 

そもそも上述の摩擦や紫外線で悪影響を受けやすいかどうかも、肌がデリケートかどうかに左右されるのです。

ですからアトピー肌の方々は要注意です。

アトピーという症状で悩んでいる方々は、ほぼ例外なく肌はデリケートです。

茶クマもできやすい傾向があります。

ちなみにアトピー肌の場合、肌が痒くなりますが、決してかきむしっていはいけません。

痒いからと言って、肌をかき続けると掻いた部分は慢性的に色素がつきやすい状態になってしまいます。

茶クマが気になる方は、掻かないように対策を練りましょう。

茶クマの原因まとめ
  • 肌への摩擦
  • 紫外線
  • デリケート肌

茶クマが気になる方はまずこれらの原因を取り除きましょう!

茶クマは保湿することで改善できる!

ターンオーバー

茶クマは、保湿することで改善できます。

肌に対して潤いを与えるケアを心がけましょう。

肌が乾燥していると、クマもできやすくなります。

また、ビタミンCやL-システインの摂取も、意識して摂取する必要があります。

茶クマ改善に必要な栄養素はこちらに詳しく記載してあるのでご覧ください!

サプリ
茶クマ対策ならホワイピュア!茶クマにオススメのサプリを発見!茶クマ対策のサプリって探しても出てきませんよね・・・ 青クマ同様独自に調べて効果のあるサプリを発見したので紹介します! 詳細...

 

肌は、常に古いものから新しいものへ入れ替わっているのです。

いわゆるターンオーバーですね。

常に新しい肌に入れ替わり続けています。

ビタミンCは、そのターンオーバーを促進してくれる働きがあるのです。

 

もちろん、目の下への刺激を与えないことや、紫外線のカットも意識する必要があります。

目の下に刺激が加わっているのが原因ですから、なるべくその箇所に刺激を与えないよう心がけるべきです。

茶クマ改善方法まとめ
  • 肌の保湿をする
  • ビタミンCやL₋システインを摂取する
  • 肌へ刺激を与えない
  • 紫外線を浴びない

これらの方法をとって、できるところから茶クマ改善に取り組みましょう!

 

アットスタイル