クマ

目の下のクマの治し方まとめ!効果的な3つの方法がこちら

目の下のクマ 治し方

目の下のクマにはいくつかの種類があり、対策はそれぞれの種類によって変わっていきます。

ここでは目の下のクマの種類とそれぞれの原因や対策について解説いたします。

目の下のクマには3種類ある!

目の下 クマ

目の下のクマというのは大きく分けて3種類になるんです。
青クマ、茶クマ、黒クマの3種類です。

当然種類によって特徴や対策の方法については違いがありますので注意が必要です。

皆さんの状態に合わせて対応するようにしてください。

では3種類のクマの特徴と治し方について解説していきたいと思います。

青クマの特徴と治し方

目にクマができる理由

青クマは、目の周りの血流が滞り、目元の毛細血管が透けて見えている状態です。

ですので、目の下をキュッと引っ張っぱり、クマの色が薄くなっていれば青クマの可能性が高いです。

青クマを治すには

青クマは睡眠不足や疲労、ストレス、運動不足、冷え、

目の使い過ぎによる眼精疲労などが原因の血行不良によって引き起こされます。

 

パソコンやスマホを見る機会が多くなり目を酷使しがちな現代人。

 

青クマ対策としては睡眠をしっかりとり、

目を酷使しすぎずストレスを溜め過ぎないよう規則正しい生活をおくるのはもちろんのこと、

適度な運動や半身浴などで血行を良くしていくと良いでしょう。

またホットアイマスクなど血行不良を改善させるようなアイテムを使ってみるのもいいかもしれません。

茶クマの特徴と治し方

黒クマ トレーニング

茶クマは、紫外線、目をこすりすぎるなどして、色素が沈着してきます。
なので、目の下を引っ張っても、色が薄くならなければ、茶クマを疑いましょう。

茶クマを治すには

茶クマは目元の皮膚のメラニン色素が付着することによってできてしまいます。

紫外線や落としきれなかった化粧品、合わないスキンケアなどによってできたシミの重なりが茶クマになっていきます。

またお化粧の際の刺激や手で擦ったりなど目元を刺激しすぎてしまうとできることもあります。

 

メラニン色素は本来ならば紫外線や活性酸素によるダメージから人の肌細胞を守ってくれている大切なものなのですが、

過剰に作られすぎてしまうとターンオーバー(肌の新陳代謝)の乱れなどによって表皮細胞にとどまってしまい、色素が沈着し、そこにシミを作ります。

 

メラニン色素は紫外線によって多く作られています。日焼け止めを塗るなど紫外線対策をし、極力紫外線を浴びないようにしましょう。

夏はもちろんですが他の季節も外出すれば紫外線は浴びますのでオールシーズンで紫外線対策はする必要があります。

 

またメラニン色素はターンオーバー(肌の新陳代謝)によって排出されるので、ターンオーバーを整える成分や、メラニンの生成を抑える美白成分が配合された化粧品でケアを行うのが良いでしょう。

 

栄養素ではビタミンA、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛がターンオーバーを促してくれます。

 

 

黒クマの特徴と治し方

黒クマ 治し方

黒クマは肌のたるみや皮膚のへこみが原因で起こります。
引っ張れば一応は薄くなります。しかしファンデーションなどで消えないので、それが黒クマの特徴になります。

また、たるみによる影がクマの原因なので光を当てて消えればそれは黒クマです。

黒クマを治すには

年を取るにつれて目元の皮膚がたるんだり、むくんだりしていくことがあります。

それらによって影ができてしまい黒く見えるのが黒クマです。

 

たるみやむくみの原因は加齢とともに目の周りの筋肉が衰え、コラーゲンやヒアルロン酸が減少しハリがなくなっていくことや、目の下にある眼窩脂肪(目の下の脂肪)がふくらむことによるものが主です。

 

黒クマを治していくためにはたるみをなくして、ハリを取り戻していくことが重要になってきます。

コラーゲンやセラミドを補給すると良いでしょう。同時に保湿も心掛けることが大事です。

コラーゲンを多く含む食品は豚足、鶏の皮、手羽先、軟骨、牛スジ、牛テール、豚バラ肉、スッポン、フカヒレ、エイヒレ、魚の皮、うなぎ、なまこ、カレイ、エビ、くらげなどです。

セラミドを多く含む食品は米、小麦、大豆、牛乳、こんにゃく、小豆、ごぼう、わかめ、、黒豆、そば、ひじき、コーヒー、紅茶、黒こしょうなどです。

食事は当然コラーゲンやセラミドだけでなくビタミンなどの他の栄養もバランスよくとることが重要です。

食事だけで難しい場合はサプリメントや化粧品などを使っていくと良いでしょう。

 

目の下のクマを治す

目の下のクマ 治す

まとめると、

目の下のクマを治すにはまずご自身のクマが青クマ、茶クマ、黒クマのうちどの種類になるのかを知っていただき、それに合わせた対策が必要になってきます。

 

当然のことですが例えば血行不良から来る青クマになっているにも関わらず、紫外線対策(目の下のクマの対策においては茶クマの対策)ばかりしていても青クマは治すことには繋がりません。

 

先ずは皆さんの目の下のクマが青クマ、茶クマ、黒クマの3種類の内どれに当てはまるかを知っていただいた上で生活面や食事などの栄養面での改善やアイテムの使用などの対策をされることをお勧めします。

ABOUT ME
めいこ
こんにちは!めいこです(‘ω’)ノ 大手化粧品会社に勤務しています。 主にデスクワークの為パソコン画面を見続ける毎日で、以前はかなり重い眼精疲労に悩んでいました。 様々な方法を調べて実践し、今ではかなり症状が緩和されてきました。同じ悩みを持つ方に何か力になりたいと思うので、有益な情報を発信できるよう頑張ります!