市販は危険!?ドライアイの人が防腐剤なし目薬を選ぶべき3つの理由

ドライアイ 女性

ドライアイ対策を目薬に頼っている方必見!

 

ドライアイの人が選んではいけない目薬とその理由を徹底解説いたします。

 

あなたの目薬は大丈夫?

 

ドライアイの症状

ドライアイ スマホ 女性

仕事にパソコンやスマホが活用されるようになった近年、オフィスワーカーの3人に1人はドライアイの症状があると言われています。

しかも、その数はさらに上昇を続けていくと予測されています。

 

ドライアイは涙の分泌量が減り、目が乾燥してしまった状態だったり、

涙の量は人並みに分泌していても涙の質が低下することで目に潤いが足りなくなった状態を指します。

現代の日本人で、2000万人以上の患者さんがいるとも言われています。

 

涙は涙腺と呼ばれる目尻の上部にある組織で産生され、目に流れてきます。

よく、「涙腺が緩くなった」なんて言葉も使われているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

その涙腺から分泌された涙は瞬きによって目全体に行き渡り、体外に露出している部分を潤してくれるのです。

 

また、目頭には涙を排出する涙点という小さな穴から排出されます。

涙点は鼻腔に繋がっているため、涙が出た後鼻水が出るのは涙点から涙が排出されているということですね。

なぜドライアイになってしまうかですが、様々な要因がありましたので、下記にまとめてみました。

 

  • 年齢
  • 性別
  • VDT(visual display terminals)作業
  • 湿度
  • コンタクト着用
  • 喫煙
  • 点眼薬
  • 病気

 

 

年齢

年齢を重ねるごとに涙の分泌量自体が衰えてしまい、ドライアイになる傾向があります。

また、涙の質も低下していきます。

 

性別

原因は明らかになっていませんが、男性よりも女性の方がドライアイになりやすいことがわかっています。

 

VDT(visual display terminals)作業

VDT作業はいわゆるパソコンやスマホを使う作業のことを指します。

モニターを長時間見続けることで、瞬きの回数が減ったり、ブルーライトの刺激を受けたりして、ドライアイの症状が出てしまいます。

 

湿度

当然ですが、湿度が低い環境下では目も乾きやすいため、よりドライアイになりますくなります。

冬の乾燥時期に症状が悪化するのはこのためです。

また、エアコンの風が常に当たっているなどもかなり悪影響を及ぼしますので、ご注意ください。

 

コンタクト着用

コンタクトレンズを着用することで目に無意識のうちにストレスを与え続けてしまいます。

ドライアイはストレスによっても症状が進行するため、コンタクトレンズ着用によってドライアイになるリスクが高まります。

特にソフトコンタクトの方が多いようです。

 

喫煙

目がたばこの煙に曝されると、ストレスになるだけでなく、涙の質にも悪影響を与えるため、注意です。

 

血圧を下げる薬などにみられる「抗コリン作用」のある薬を飲むことで、涙の分泌量が減少します。

更に抗コリン作用によって眼圧が高くなることもあるため、緑内障の人は要注意です。

 

点眼薬

点眼薬はドライアイ対策に用いられがちですが、なんでも指せばいいというわけではありません。

点眼薬によっては角膜に障害を与える成分が含まれていることもあるため、慎重に選ぶ必要があります。

 

病気

マイボーム腺機能不全や結膜弛緩症といった病気にかかることで、涙の質が低下したり、目の表面に傷がつきやすくなります。

 

いかがでしょうか?ドライアイになる、悪化するのには多くの要因があります。

また、ここで気になるのが点眼薬ですね。

ドライアイ対策に使われるはずの目薬が場合によってはドライアイの症状を悪化させてしまうという事実です。

一体なぜ悪化させてしまうのでしょうか。

 

 

ドライアイ対策用の目薬

 

 

目薬 女性

ドライアイ対策で使われている市販の目薬は主にヒアルロン酸配合の目薬か、人口涙液の2種類になります。

 

ヒアルロン酸配合目薬は化粧品の成分としてもお馴染みの保湿性が高い成分です。

ヒアルロン酸が配合されていることにより、目に潤いを与え、効果を保持させることができます。

 

一方の人工涙液タイプの目薬ですが、こちらは涙に成分を似せたものです。

涙に似ているため刺激がなく、純粋に目に潤いを与えることができます。

 

これらの目薬はドライアイに効果的に働くとされていますが、それ以外の目薬を使用する場合は注意が必要です。

例えば、充血対策として使われている塩酸テトラヒドロゾリンなどの血管収縮剤が入っているものを使用した場合、

血流が滞り、目に本来行き渡るはずの酸素や栄養が運ばれなくなってしまいます。

 

その結果、涙の分泌量が減少し、ドライアイの症状が悪化してしまいます。

また、血流が滞ることにより目全体の免疫機能が低下し、菌の繁殖やウイルス感染にも弱くなってしまうので注意が必要です。

 

防腐剤が入っている目薬にも注意が必要です。

防腐剤が入っていると目薬で菌が繁殖することを抑えてくれる一方で、目には悪影響を及ぼします。

 

具体的には角膜障害を引き起こすリスクが高まります。

ドライアイの人は涙の量が少ないため防腐剤が濃縮され、影響を受けやすいためです。

また、コンタクトを着用している場合はコンタクトが防腐剤の成分を吸収し、目にダメージを与え続けてしまうこともあります。

 

つまり、ドライアイの人がコンタクトをした状態で防腐剤入りの目薬を使用すると、濃縮された防腐剤がコンタクトに吸収され、

目に多大なダメージを与え続けてしまう恐れがあるということです。

 

ですので、コンタクト着用者は余計に防腐剤の入っている目薬は使用しないようにしましょう。

 

ドライアイの人が目薬を選ぶポイント

眼精疲労 原因

上記でも記述した内容はありますが、ドライアイの症状がある場合、以下の点に注意する必要があります。

  • 防腐剤フリー
  • 血管収縮剤フリー
  • 人工涙液かどうか
  • ヒアルロン酸配合かどうか
  • ムチン配合かどうか

 

上記のような5つのポイントが挙げられます。

 

防腐剤フリー、血管収縮剤フリーというのは絶対条件です。

 

ドライアイ対策をするのであれば、確実に防腐剤と血管収縮剤が入っていない目薬を選んでください。

上記でも書いた通り、防腐剤が目に悪影響を及ぼし、ドライアイの症状を悪化させる恐れがあります。

またそれだけでなく、防腐剤によって更に別の病気の引き金にもなりかねません。

 

血管収縮剤も同様です。

一時的に充血を引かせるためにたまに使用するのは問題ありませんが、何度も目薬を使用するのは禁物です。

 

ですので、目薬を使用するのであれば、防腐剤と血管収縮剤が入っていないものを選びましょう。

逆にドライアイに効果があるとされるのは人工涙液、ヒアルロン酸配合、ムチン配合の目薬です。

いずれかが当てはまればドライアイ対策として有効です。

 

人工涙液であれば、涙が増えるのと同じなので効果が期待できます。

ヒアルロン酸配合であれば、ヒアルロン酸が水分を保持することでドライアイ対策になります。

 

ただし、これら2つにも欠点があります。

人工涙液を常にさしていると、目が涙を出さなくていいと判断し、自分自身で涙を分泌する量を減らしてしまいます。

ヒアルロン酸についても極稀かつ軽度ではありますが、副作用として、目にかゆみが生じることもあります。

 

当然防腐剤や血管収縮剤と比較すればなんてことはありませんが、

目が乾燥しているからと言って何度も繰り返し目薬を差すと目に悪影響を及ぼす恐れがあるため、頼りすぎは禁物です。

 

 

話は戻りますが、ドライアイ対策の目薬としてムチン配合の目薬も挙げられます。

涙はそもそも油層、水層、ムチン層の3つから成り立っており、ムチンはもともと涙に存在する成分です。

 

涙に存在しているムチンは瞬きのたびに眼球全体へ水分とともに広がり、

目を保湿する効果だけでなく、雑菌に対する殺菌効果もあります。

目に元々存在するため副作用もありません。

ドライアイ対策として使用するのであれば、圧倒的にムチン配合の目薬がいいでしょう。

 

しかし、ここで一つ問題なのがムチン配合の目薬は市販では売っていないということです。

ムチン配合の目薬は眼科で処方してもらわないと入手することができません。

 

真剣にドライアイ対策に取り組むのであれば、眼科へ行って処方してもらうのがいいでしょう。

 

ちなみにムチンですが、目薬としてだけでなく、食品やサプリメントなど経口摂取でも効果を発揮するようです。

少しでも多くの対策をしたい方はそちらも併せて利用するのがいいかもしれませんね。

 

ドライアイを治療するために

快適①

出典〈terrafemina

いかがでしょうか?

目薬選びのポイントを簡単にまとめると

  • 防腐剤フリー
  • 血管収縮剤フリー
  • 保湿成分や涙に近い成分の目薬を使うこと

以上の3点となります。

 

ドライアイだからと言って、ただ目薬を差せばいいというわけではありません。

「ただ目が乾いているだけ」そう認識してしまいがちですが、

対処を間違えるとドライアイが悪化して他の病気へを発展する可能性もあります。

 

正しい知識を持って正しい対処を行うことで、症状を悪化させずに済みますので、

症状が軽いうちに眼科で診察を受け、正しい対処を知ることが大切です。