視力矯正

次世代視力矯正治療ICLとは!?メガネもレーシックも嫌な方必見!

ICL手術をご存知でしょうか?

ICL手術とは、最近注目されてきている次世代の視力矯正治療です。

メガネもコンタクトも嫌だ!レーシックはもっと嫌だ!って方は要チェック!

ICL手術って何?

ICL治療とは、「インプランタブルコンタクトレンズ」を略です・

インプランタブルコンタクトレンズとは、眼内コンタクトレンズ治療に用いられるレンズの英名で目の内側にレンズを入れることで視力を矯正します。

矯正できる度数の幅がとても広く近視や乱視の方にも適しており、レーシックに代わる次世代の視力矯正方法として、普及し始めてきています。

ICL手術を選ぶメリット!

長期に渡って、近視に戻るリスクがない!

レーシックには、近視に戻るリスクがあります。

近視の戻りとは、術後から数年経過すると視力がだんだんと以前の状態に戻ってしまう状態のことを指します。

レーシック治療を受ける前のもともとの視力が悪い人が角膜を削る量の多さによって近視の戻りが発生する可能性が高くなります。

その反面、ICL(眼内コンタクトレンズ)は元の視力に関係なく、近視の戻りが発生することはありません。

術後何年経っても、治療直後と同じ見え方が維持できることはメリットと言えるでしょう!

角膜を削らない治療のため非常にリスクが少ない

レーシック手術では平均、角膜を28mm切るのに対し、ICL治療はわずか3mmしか切りません。

角膜の知覚神経などを傷つけることもありません。なので術後の違和感やドライアイなどを感じるリスクもありません。

レーシックに比べ非常に負担の少ない治療法となっています。

視界、見え方のクオリティーが高い!

ICL治療(眼内コンタクトレンズ)は角膜を削ることはなく、眼内のインプラントレンズで近視を矯正するので、

メガネやコンタクトレンズで矯正することのできない角膜のわずかな歪みが発生することがないので安心です。

 

さらにハイビジョンのようにクリアで鮮やかな見え方、立体感を実感できる見え方の質を向上させると言われています。

そして、レンズは交換する必要がないため長い間にわたって安定した視力を維持することができます。

また、レンズを交換したり取り出すことで、視力の調整や元の状態に戻すことも可能です。

将来、治療の選択肢が減らない

どういう意味かと説明しますと、レーシックは角膜を削って視力矯正する手術を行いますが

ICLは角膜を削ることなく視力を回復させる治療法です。

一度角膜を削ると元の状態に戻すことは絶対ありませんが、ICL治療は、レンズを取り出すことができます、

万が一、何らかの病気または問題が起きても元の状態に戻すことができるため非常にリスクが少ない手術といえます。

将来、白内障など目の病気になった場合もレンズを取り出すことで治療の選択肢が狭まることはありません。

 

ICL手術はたった一度で、永続的に視力を回復!眼内コンタクトレンズの取替えの必要なし!

眼内コンタクトレンズの素材は、HEMAとコラーゲンの共重合体素材「コラマー」から作られています。

ソフトコンタクトレンズのような柔らかい無色透明の素材です。

 

コラマーは、コラーゲンの特性により、マイナス荷電をおびており、粒子の付着がほとんどなく、非常に高いレベルの生態適合性(生体に悪影響を及ぼさない素材)のとれた素材です。

また、コラマーの表面には、光の反射を防ぐノングレアという特性があり、光の反射が生じにくく、紫外線を90パーセント以上カットする特性も備えています。

 

眼内コンタクトレンズの中央部分には、極小の穴が開いています。

レンズに穴が開いていることで房水の流れ(目の中で循環している水分の流れ)がスムーズになり、従来までのICL治療のデメリットであった眼圧上昇のリスクが激減し、術後の虹彩切除術(房水の流れを正常にする手術)の必要がなくなりました。これにより緑内障のリスクの軽減にも成功しました。

 

手入れ不要!

眼内コンタクトレンズは、文字通り目の中に入れるコンタクトレンズですので、煩わしい手入れがまったく不要です。

ICL手術のデメリット

・費用が高い!

ICLの手術はレーシックに比べて高額です!

病院にもよりますが、両目で大体60が相場となっています。

しかし、コンタクトレンズユーザーの方なら、両眼で毎月数千円のお金を支払っているわけですし、

年間で約6万円(1dayで年間約6万円といわれています)。5年、10年と考えてみると、屈折矯正手術を受けなくとも、近視・遠視・乱視でかなりの金額のお金を支払うことになります。

眼鏡、コンタクトレンズが必要のない快適な生活を得られるならば、決して高すぎる値段ではないのではないでしょうか?

・手術に高度な技術が必要(ライセンス制)

ICLは、指導医により所定の講習会及び実技試験を合格した眼科専門医のみが行える手術でどこの病院でもできる手術ではありません。

・歴史が浅い!

レーシックに比べてまだまだ歴史が浅く症例や実績が少ないのが人によってはデメリットだと思います。

視力矯正治療は慎重に!

ICL治療にもメリット、デメリットが存在します。

自分の大切な目なのでしっかりメリット、デメリットを把握し

ライセンスの取得有無、実績、評判などを下調べしてしっかりとした病院を探しましょう。