パソコン・スマホ・ブルーライト

パソコンによる目の疲れや眼精疲労の解消法

パソコン 疲れ目

パソコンは現代人にとって仕事や生活に欠かせないものですが、

長時間のパソコンの使用による目の疲れや眼精疲労を感じる方も多くいらっしゃると思います。

パソコンによる目の疲れ

パソコン 目 疲れ

目の不快感のことを疲れ目といっています。

 

人それぞれに感じ方はありますが、訴えが多いのは

  • 目が痛い
  • 目が重い
  • 目がショボショボする
  • 目がかすむ
  • 目が乾いた感じがする
  • まぶたがピクピクする
  • まばたきが多くなる

などです。

 

目を酷使し続けると、疲れ目以外にも

  • 肩こり
  • 首のこり
  • 頭痛
  • イライラ感

などの症状が現れてきます。

 

目を使いすぎてしまうことによって目以外の体の部分や精神にも疲れを感じる状態のことを眼精疲労といいます。

 

パソコンを使って仕事や作業をすることが増えた現代人ですが、

長時間の使用により、ますます疲れ目や眼精疲労になってしまう確率が増えているので対策が必要でしょう。

パソコンによる疲れ目や眼精疲労を解消するためには

パソコン 眼精疲労 対策

パソコンによる疲れ目や眼精疲労を解決させるには

  • 長時間の使用を極力避ける
  • 姿勢や画面の明るさに注意する
  • 部屋の湿度や温度を調整して乾燥に注意する
  • 睡眠や食事など規則正しい生活を送る

 

といったことなどが重要になってきます。

 

症状が進みすぎて深刻になっていくと、ご自身では対処しきれず、

病院へ行かなければならなくなってきますが、なるべく早い段階で対処していけば問題ないでしょう。

疲れ目や眼精疲労にならないためのパソコンの使い方

パソコン 目 疲れ 対策

パソコンの画面を長時間見続けるとブルーライトの光により目がチカチカしてきて疲れてきます。

 

またパソコンを長時間同姿勢で使い続けてると目、肩、腰を疲れさせてしまいます。

 

パソコンの使い過ぎによる目の疲れや全身の疲れを防ぐ、または軽減させるには極力長時間の使用は避けることは勿論ですが、どうしても仕事上長時間パソコンでの作業を避けられない方もいらっしゃるかと思います。

長時間のパソコンの使用時には以下の3つのことに気を付けるといいでしょう。

  • 姿勢を正す
  • 画面の明るさに気を付ける
  • 目を保湿する

姿勢を正す

目とモニターの間に40~50㎝は距離を開け椅子に深く座り膝は90度以上の角度を作るようにし、1時間に15分程度はパソコンを見るような作業は休めるなどしましょう。

 

休日はゴロゴロしながらパソコンでインターネットや動画サイトなどで長時間画面を見続ける方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

仕事時と同様に姿勢に注意したり、休憩をしっかりと取る必要があるでしょう。

画面の明るさに気を付ける

部屋の明るさ以上に画面を明るくしてしまうと、目に負担がかかります。

 

白熱灯などのちらつきのない電灯を使用して目の負担を少なくさせましょう。

 

できるだけ画面へ電灯が反射しないように設置するようにしてください。

 

画面がちらついてしまうような場合は、画面に取り付けるフィルターを使ってみましょう。画面への乱反射を防いでくれるのでお薦めします。

目を保湿する

仕事に熱中しすぎると瞬きも忘れて画面を見続けてしまうこともあります。

 

全く瞬きもせずに画面を長時間見続けていると、目が乾燥してしまいます。

 

時々意識的に瞬きをするようにしてください。

 

また保湿のためには部屋の室温や湿度にも注意する必要があります。

適正な湿度は40~60%と言われていますが、

夏場は室温を25~28℃、湿度を55~65%

冬場は室温を18~22℃、湿度を45~60%

にすると良いと言われています。

 

冬場の暖房は特に涙が蒸発してしまいやすいので、積極的に加湿器を使って湿度の調節をしましょう。

 

加湿器の使用が難しい場合は、コップに水を入れて置いておくだけでも乾燥を防ぐ事ができます。

 

また、直接エアコンの風が当ってしまわないように注意してください。

生活習慣や栄養面での対策

パソコン 眼精疲労 対策

パソコンの使い方や使う際の姿勢や休憩の取り方なども重要ですが、普段の生活習慣や食事などの栄養面での対策はもっと重要かもしれません。

 

規則正しい生活、睡眠、食事などは何よりも大事になってきます。

 

夜更かしや不規則な食事、タバコの吸いすぎやお酒の飲みすぎを控えるだけでも大分改善できるかもしれません。

極力夜更かしや不規則な食事、タバコやアルコール類を控えたうえで、

ブルーベリー、黒酢、青魚、ニンニクなど目の疲れに効く食事を摂ることも良いでしょう。

ブルーベリーにはアントシアニンという独特の色素があり、このアントシアニンが目に良いと言われています。

黒酢は血液をサラサラにしてくれて、目にある多くの血管にも新しい血液を運んでくれるので、疲れ目はもちろんのこと、肩こりや神経痛の改善にも役に立ちます。

青魚にはドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)が含まれています。

DHAは視力向上に役立つと言われています。

EPAは中性脂肪やコレステロールを減らして、血液をさらさらにする効果があり、血流が良くなるので、目の毛細血管の血流促進に役立ちます。

食事で摂りきれない場合はサプリメントなどで摂っても補完すると良いでしょう。

ニンニクは血管を広げて血行を促進させる効果や、ビタミンB1の働きを強める働きがあります。

血行促進やビタミンB1の働きによって眼精疲労、肩こり、疲労回復などにとても効果があると言われています。

 

また日常的に目薬の使用するのももちろん良いと思います。

パソコンによる疲れ目にはビタミンの配合されたものや炎症を抑えてくれるものが適しています。

目の疲れや眼精疲労を感じたら

パソコン 目 疲れ

現代では多くの方はパソコンなしの生活は考えられないかと思います。

パソコンを使っての作業はどうしても目に負担をかけてしまいがちですが、

目の疲れや眼精疲労などの症状を感じたら、できるだけ早くパソコンの使い方や生活習慣などを見直し、目に負担をかけないようにしましょう。

 

ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンなどの目に良い栄養を摂ったり、

炎症を抑えるものやビタミンの配合のある目薬を使うのも有効でしょう。

普段から目に気を遣い、規則正しく健康的な生活を心がけていきましょう。