基礎知識

PC作業が多い人ほど危険!?老眼になりやすい人の特徴と対策を紹介!

手元など近い距離が見えづらくなる現象「老眼」

誰にでも起こる老眼について知ることでいざ自分がなったとき慌てず対処できるように

今回は老眼について解説していきます。

そもそも老眼って何?

老眼とは、目の中の水晶体(カメラのレンズのような役割の組織)が

年を重ねると共に上手く調節できなくなる現象のことを差します。

 

詳しく説明すると、、

 

若いときは、近くのものを見る時、水晶体を吊り下げている毛様体小帯という線維がゆるみ、

水晶体の厚みが増して近くのものにピントを合わせますが、

年を増すごとに、水晶体は固くなり毛様体小帯という線維が緩んでも水晶体の厚み、つまりピントが変わらなくなってくるのです。

あわせて読みたい
スマホ①
スマホ老眼とは!?恐るべき現代病の症状と対策や治し方をチェック!今若者の間で広まっている「スマホ老眼」。 実は目だけでなく、体調にもきわめて厄介な症状が現れるほどやっかいな病気です。 詳し...

40代から始まる老眼の兆し

老眼は個人差はありますが大体40代から異変を感じるといわれています。

 

近くの距離の文字がぼやけたり、近くの物を見たあとに遠くへ目をやると遠くの景色がぼやけてだんだんピントがあってきたり、

その逆もあったりなど、40代からこのような現象を感じる人が増えてきます。

近視の人も老眼になります!!

水晶体の老化はすべての人に起こることです。

老眼は近視のあるなしに関わらず、同じように進行します。

近視の人でも、メガネをかけて遠くがよく見える状態では、

同様に40 歳ごろから見づらくなり、老眼を自覚し始めます。

 

しかし、近視の人がメガネをかけていなかったり、または度が弱いメガネしかかけていなかった場合には、

もともと遠くのものではなく近くのものにピントが合っている状態なので、

近くを見るために水晶体の厚さを変える必要がなく、老眼を自覚しにくい場合があります。

 

でも、近視の人は老眼鏡がいらないと聞いたことはありませんでしょうか?

 

私も小さい頃はそう思ってました。笑

しかし、この噂は正確ではありません。

正確には必要ないのではなく、弱い近視用の度数で事足りるということです。

近視とは?

近視とは、眼内に入った光が網膜よりも手前で焦点を結んでしまい、網膜にピントがあわない状態のことを指します。

 

視力矯正していない場合、「遠く」ではなく「近く」にピントが合いやすい状態です。

 

近視の度合いが-2.0や-3.0程度であれば、眼鏡を外すと手元が見えやすい場合が多いため、

「近視の場合は老眼鏡が必要ない」と言われる所以だと思われます。

 

ですが、近視の方すべてがちょうどよい距離にピントが合うわけではないので必ずしも老眼鏡が必要ないとは限りません。

結果、老眼鏡をかけなければならない時期が遅いということだけです。

どういった人が老眼になりやすいの?

老眼は加齢によって起こる生理現象ですから、

白髪と同じようにどんな人にも同じように起きます。

 

たいていの人は、個人差はありますが

40歳ごろから老眼の症状を自覚し始め、45歳くらいで老眼鏡が必要になります。

ですから、特に老眼になりやすい人というのはいません。

 

ただ、それに気づきやすい人がいるというだけです。

普段から近い距離を見ることが多い人や細かい手仕事をする人、パソコン作業などいろいろな距離を見る必要がある人たちは、

早くから老眼に気がつく傾向にあります。

 

そして、よくある質問の一つに老眼の治し方がありますが、

老眼は生理現象なので治す方法はありません。

老眼鏡をかけて矯正するのが最善の手段です。

老眼を放置するのは危険!

 

老眼の異変を感じても対処しない人が多いです。

老眼鏡を使わないで見えないのを我慢していると、見えない物必死で見ようとするため老眼に眼精疲労が重なってきます。

 

その結果、体調が悪くなることが多くなり、目に違和感が生じたり、頭が重い、頭痛がする、肩こりがする、食欲がなくなるなど、いろいろな症状がでてきます。

 

人によっては、こういった身体症状を生み出すことになるので、老眼を甘く考えてはいけません。

ですので、「老眼かな?」って少しでも異変を感じたら眼科専門医の診察を受けてください。

 

老眼かもしれませんし、別の病気のせいかもしれません、

自分では老眼だろうと思っても、他の病気による視力低下が隠れていることもあります。

自己判断せず眼科できちんと検査することをおすすめします。

今からできる老眼の対策!

老眼は誰にでも起きる生理現象ですし直す事も出来ませんと記載していましたが、、

老眼は予防することはできます。

 

老眼は水晶体の厚さを調節する毛様体筋を鍛えることで、目の老化を予防したり進行を遅らせることができます。

 

1.眼球トレーニング

顔を動かさないようにして、眼球だけ回します。

上→斜め左上→左→斜め左下→下→斜め右下→右→斜め右上、と8箇所を見るようにぐるっと回します。

これを3セット行ってください。ゆっくり行うのがコツです。

 

2.目の開閉トレーニング

・目をギュッと閉じます。

・閉じた目をパッと見開いて2秒キープします。これを3セット行います。

これを一日に数回行うだけで老眼の予防になります。PCやスマホをよく使う人は回数を多めにすることをおすすめします。

 

目に良いとされるルテインを取るのも老眼の予防になると言われています。

ルテインに関してはこちらの記事で詳しく解説しております。

あわせて読みたい
目①
ルテインサプリの目に効く3つの効果を徹底解説!!パソコンやスマホの普及率が90%を超える現代、 「ルテイン」という目によいと話題の栄養成分に注目が集まっています。 一体どん...

 

いかがでしょうか?

これらの簡単な対策を行うことで、老眼予防ができます。

 

重度の老眼に悩むようになる前に、是非老眼対策を日々の生活に取り入れてみてください。