ツボ・マッサージ

必見!眼精疲労や疲れ目解消に効果のあるストレッチとは!?

肩こり マッサージ

眼精疲労や疲れ目でお悩みの方必見!

首や肩のストレッチをすることで眼精疲労の症状を改善することできます。

気になった方は是非記事をチェックしてください!

眼精疲労とストレッチの関係

勉強、鉛筆、ノート

眼精疲労や疲れ目にお困りじゃありませんか?

症状が軽く、簡単に回復するものは「疲れ目」。

症状が重く、簡単には回復しないものは「眼精疲労」です。

 

そんな眼精疲労や疲れ目は、近くを長時間凝視するといった目の酷使や目の周りの血行不良だけが原因とされがちですが、それだけではありません。

 

実は、近くを凝視することで同じ姿勢のまま首や肩を動かなかったり、仕事や人間関係などの精神的なストレスを受けることで、眼精疲労の症状が進行してしまうことも多いのです。

その為、首や肩のストレッチをすることで眼精疲労の症状に改善効果があるのです。

  • 首や肩の血行不良が眼精疲労を引き起こすことも多いため、ストレッチを行うことで眼精疲労改善に効果がある

眼精疲労に効果のあるストレッチ!

ストレッチ

ストレッチをすることで眼精疲労の改善が期待できることはわかりましたが、

では一体どんなストレッチをすれば眼精疲労に効果があるのでしょうか?

 

眼精疲労に効果のあるストレッチを解説いたします。

それぞれ写真も用意してあるので、是非記事を読みながら一緒になってみてください!

 

効果は人によって大なり小なり様々ですがが、きっと体が楽になりますよ!

ちなみに管理人はそこそこいい感じになりました!

 

・首のストレッチ①

首 左右 ストレッチ

最初に紹介するのは首筋を左右にのばすストレッチです。

  1. 椅子か地面に背筋を伸ばして座ります(直立でも可能)
  2. 右手を斜め上に挙げます
  3. 肘をまげて手を頭の上に乗せます
  4. ゆっくり頭を右に傾けて首筋を伸ばします
  5. この姿勢を20秒間キープします
  6. 逆の手でも同様のことを行います
  7. 左右5回ずつ繰り返します

首筋の血行が良くなり、頭の血の巡りがよくなります。

 

・首のストレッチ②

首 後ろ ストレッチ

次に紹介するのは首の後ろを伸ばすストレッチです。

  1. 椅子か地面に背筋を伸ばして座ります(直立でも可能)
  2. 目の前で腕を組みます
  3. 後頭部に組んだ腕を乗せます
  4. 乗せた手の重みで頭を前に倒します
  5. その姿勢で20秒間キープします
  6. これをセット程繰り返します

これも首の筋を伸ばすことで血行の改善を図ります。

ちなみに、このストレッチで頭を前に倒すとき肘は開かず、閉じた状態で大丈夫です。

 

また、背筋を伸ばす必要はありません。

背中を丸めて頭を前に倒しましょう。

 

・肩のストレッチ

肩 ストレッチ

続いて紹介するのは肩のストレッチです。

  1. 椅子か地面に背筋を伸ばして座ります(直立でも可能)
  2. 右手を挙げます。
  3. 肘をまげて首の後ろに持っていきます
  4. 左手で右ひじを左に引っ張ります
  5. そのまま20秒間キープします
  6. 逆の手でも同様のことを行います
  7. これを左右5回繰り返します

肩の血行が改善され、目を含めた首から上全体の血行改善に繋がります。

また、可能であれば姿勢をキープするときは頭はなるべく正面を向けて下さい。

自然と手が後ろに行くため、より効果的にストレッチできます。

 

以上の3つのストレッチが最もわかりやすく、効果も期待できるストレッチです。

これらのストレッチは学生時代に体育の授業の準備体操や部活でやったことがある人も多いのではないでしょうか。

なので、誰でも簡単に実践することができるでしょう。

 

また、ストレッチをする上で基本的な注意点をまとめてみました。

ストレッチをする時は

  • 痛気持ちいいくらいの力で行う
  • 肩の力を抜く
  • 呼吸はなるべく深呼吸する

注意点というほど大げさではないですが、これを踏まえて行うことで、より効果的なストレッチができます!

是非お試しください!

ストレッチで眼精疲労対策をするメリットとは!

猫

いかがでしょうか?

 

仕事中、机に座りながらでも、家でくつろいでいる時でも、外で立っている時でもその場でストレッチができてしまいます。

また、所要時間も各々数分あればできてしまう為、非常に手軽に行うことができます。

別段お金がかからないことも非常に大きなメリットですね。

ストレッチのことをふと思い出した時に思い立ってやってみるのもおススメです。

眼精疲労対策としてストレッチを行うメリット

  • 場所を選ばず実践できる
  • 隙間時間に実践できる
  • 特にお金がかからない

 

首や肩のストレッチで眼精疲労を解消するために

解放感 青空

首や肩のストレッチを行うだけでも眼精疲労の症状改善に期待ができますが、

当然同時に眼球のストレッチや眼輪筋トレーニングなど、目を実際に動かす方法と

平行して行うのがより効果的です。

最初からすべてを覚えて実践することはなかなか難しいですが、

まず始めるなら首や肩のストレッチから始めてみてはいかがでしょうか?

 

というのも理由があり、首や肩の血行が良くなることで首から上全体の血行が改善されます。

その状態で眼輪筋トレーニングや眼球ストレッチを行うことで、眼輪筋トレーニングや眼球ストレッチだけを行った状態と比べて効果が出やすくなります。

もちろん、これらのストレッチを行うことで、全ての症状を完全に解決するわけにはいかないでしょうが、今の状態よりも症状の改善はされるはずです。

 

また、サプリメントとの併用もかなりおススメです。

 

ストレッチで血行不良が改善されたところにルテインなど必要な栄養成分を摂取することで、

より効果的に栄養成分を目に循環させることができます。

ストレッチだけではいまいち効果を実感できない方は

ルテインやビルベリーなどのサプリメントも積極的に摂取するよう心がけましょう。

 

眼精疲労にお悩みの方はぜひ実践してみてください!