老眼原因

視界注意!慢性の肩こり持ちで視界に異変を感じたら「かくれ老眼」を疑おう

老眼

最近「スマホやパソコン、見過ぎ」で疲れたなぁ。

ふと現実に戻った時に、視界に違和感があったら要注意。

  • 視界が欠ける
  • チカチカする
  • 浮遊物が見える
  • 目がかすむ

実は「かくれ老眼」が進んでいるかもしれません。

ただの「疲れ目」と思わずに、しっかりケアして解消する。
とっておきの方法をご紹介します。

肩こりを伴う目のトラブル「かくれ老眼」が増加

老眼

老眼は、年齢とともにピントの調整などがうまくいかなくなってくる現象。
一般に、40代頃からはじまる症状です。

  • 近くの細かい文字が読みずらい
  • 遠くから近く、近くから遠くなどに視線を移した際にピントが合いにくくなる

 

こういった老眼の症状が、20代や30代といった若いうちから現れる人が増えているというのです。

自覚は無くても老眼の症状がでる、「かくれ老眼」が増えています。

スマホの見過ぎで「疲れ目」が増加

スマートフォンのアプリ、パソコンのブルーライト、現代人は画面を見る時間が多くなっています。

本来なら目を休めるはずの夜間も目元で光を見つめるという習慣は、目にとっては相当な負担なのです。

 

目のピント機能が衰え、自室神経や血行が悪くなり、寝つきが悪くなったり疲れが取れにくくなっています。

エアコンやコンタクトレンズによってドライアイも増加

ドライアイは、冷えにより目のまわりの血行が滞ることで、涙の質が低下することで起こります。

エアコンやコンタクトレンズの使用などによる乾燥で、必要な油分が足りず涙が蒸発しやすい状態になることが原因です。

 

ピントが合わせにくくなることから、頭痛や肩こりの原因になります。

目の血行が悪いと肩こりがひどくなる

肩こりは肩周辺の血行不良が原因となります。

肩の筋肉が運動不足などで固まっているだけの時もありますが、目の周辺の血行の悪化が肩につながっていることもしばしば。

目の疲れや乾きが肩こりの原因になっていることもあるのです。

  • 目の疲れによるかくれ老眼が増加中です
  • スマホの見過ぎでピント機能が低下していまる
  • 目の乾燥によりドライアイになることもあります
  • 目の疲れが肩こりの原因になっています

肩こりの解消に、視界のケアがベスト

老眼

肩こりの解消にもつながる、視界をケアする方法をご紹介します。

眼筋ストレッチ

遠くと近くを交互に見て、目のポイント機能を整えるストレッチです。

  1. 窓から遠くの景色を10秒眺めます。
  2. 寄り目気味に人さじ指をじっと10秒見ます。

これを10回繰り返せば、ピントの調節機能がリセットされて目がスッキリします。

目元ホットパック

ホットタオルを目元にあてて、約5分間目をつぶりましょう。まぶたの冷えが収まり、血行が促進されるので、ドライアイの予防になりますよ。

ホットタオルの作り方

  • 熱めのお湯につけたタオルを絞る
  • 水で濡らしたタオルをレンジでチン(約40秒)

つぼマッサージで血行アップ

眼精疲労にはツボ押しが有効です。

詳しくはこちら。

ツボ押し 女性
眼精疲労や疲れ目に効くツボ4選!今すぐ始められる疲れ目対策!目のだけではなく、全身に症状が広がる眼精疲労。 パソコンやスマホが普及した現代、眼精疲労にお悩みの方も多いと思います。 この...

瞳のヨガもありますのでぜひお試しを。

ヨガ
眼ヨガとは?疲れ目や老眼に効果のあるアイケアが話題!眼ヨガというものをご存知でしょうか。 女性に人気のヨガをアイケアに活かすことで、疲れ目やドライアイ、老眼にまで効果が期待できるよう...

視界のチカチカがどうしても治らないときは病気かも

視界全体がぼやけて見える

全体的にぼやける場合、水晶体の濁りによる白内障の疑いがあります。

水晶体は、目のレンズにあたる部分です。
早い人だと40代から濁り始めることもあると言われます。

 

初期のうちは医療用の点眼薬で進行を遅らせることができますが、最終的には水晶体を人工レンズに取り換える手術を行う必要があります。

視界が欠ける

視界の一部が見えなくなるなど、見える範囲が狭くなった時は、緑内障の可能性があります。

重度になるまで自分では気づけないことが多いので、目の疲れを感じたらチェックしておくようにしましょう。

緑内障のセルフチェック方法

  1. 新聞、雑誌など、視界全体が文字ばかりになるようなものをみます。
  2. 右目、左目、交互に固めで全体を見て、ぼやける場所、見えにくい場所がないかを確認します。

視界の一部でボケなどがある場合は要注意、眼科医を受信しましょう。

目がかすむ、ショボショボする

主にスマホ画面を凝視した時に起こります。

人の目は、近くを見続けるとピントを調整する筋肉が過度に緊張することから、血行が悪化するのが原因です。

 

目をリラックスさせ、目薬を点眼。いずれにせよ、1時間に1回くらいは目を休ませてあげることが重要です。

また、ビタミンB12は目の疲れを取ってくれる効果があるので有効です。

  • 肩こりを解消するためには視界のケアが重要です
  • ストレッチやツボ押しにより疲れ目はケアできます
  • どうしても治らないときは眼科を受信しましょう
  • ビタミンB12には目の疲れを取ってくれる働きがあります

まずは目の疲れをとって血行促進、
肩こりも一緒に緩和しよう

茶クマ アイクリーム

目の疲れ、肩こり、どちらも血行の悪化が引き起こします。

目の疲れをケアすることは、肩こりの解消にもつながるのです。

 

視界がおかしいなと感じたら、まずは手軽に目のケアを。

血行をしっかりと整えて、肩こりも一緒に緩和しましょう。